デザインとは愛だ

| コメント(0) | トラックバック(0)
デザインについて素人なりに考えたりします。
デザインってなんだろうと。

私にとってデザインとは見る人への愛だと思います。
どういうことか?

デザインとは頼む人がいてその先に使う人がいる。
使う人にとって使いやすいと思えるものがデザイン
ではないでしょうか。

使いやすいってなんだろうか?
使いやすいとは相対的なことで主観的なことだなと
思うんです。
つまり相手によって使いやすい、使いにくいがある
ということ。

例えば新規のお客様向けのウェブサイトとリピーター
向けのウェブサイトは異なるデザインになります。

パソコンのヘビーユーザーとライトユーザーで使い勝手
が良い・悪いは変わるでしょう。
サイボウズというグループウェア
ヘビーユーザーにはちょっと使いにくいけどライトユー
ザーには使いやすいかもしれません。またこういうソフ
トになるとちがうの視点、管理者、提供者なんてものも
あります。
管理がしやすいかどうかが導入の鍵だったりすることも
あります。

うちのメインサービスはISOのヘビーユーザー向けであり
初心者には理解できません。

デザインというとウェブだったりグラフィックだったり
絵だったりをイメージするかもしれませんが、
デザインを見る人への愛とすると単に日記に書かれる
文字だってデザインになるでしょう。

読解しやすい文章
行間
文字の並べ方

横に長い文章って読みにくくないですか?
ウェブの世界では横スクロールはタブー視されてます。
なので縦に長くても横に長いのはNG。

本当は横の長さもそろっている方が断然見やすいんだとも
思います。(あわてて直してます)

デザインを志すなら相手を意識してデザインしてほしい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/186

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2011年5月11日 22:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「自由は苦痛」です。

次のブログ記事は「ジェッッッッッットストリーーーーム」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ