うまいものを食べる効用

| コメント(0) | トラックバック(0)
うちの会社の月1回の食事会は、おいしいものを
食べることにこだわってます。
高いところではなく、食べることが好きなメンバーが多い
し私も食べるのが好きなので、どうせならうまいところ
どうせなら行ってみたいところに行こうというものです。

今日は東京、大阪のメンバー全員がそろう初めての日
なので、以前在日の知人から教えて頂いた

どぅれ村
http://r.tabelog.com/osaka/A2702/A270202/27000394/

にみんなで行きました。
食べログの点数以上においしいです。
うまさを表現する語彙は持ち合わせていないので
ぜひ行って堪能して下さい(笑)。

ところでうまいものを食べる効用ってあるなと思います。
今日も

「うまい!これうまい!」

と言いながら普段はあまり感情を表さないメンバーまで
興奮気味な感じで食べていました。

そう、うまいものはおもわず「うまい!」と言ってしまうものです。
この「うまい!」って大事だなと思います。

「うまい!」は自分の嗜好を伝えているのであって
自分の一部、自分の好き嫌いを伝えていることです。
好きはもっと好きを増やしたいという欲望を呼び
嫌いは、減らしたり嫌いの中でもすきを探したり。

好き嫌いは仕事ですごく重要だと思っていて
それをしっかり自分で感じながらコントロールするもの
だと思うんです。

どっちも感じないまま仕事をすると作業になってしまいます。
普段仕事で好き・嫌いといわなくても、うまいものを食べて
自分の好き・嫌いを認識し、自分の欲望を知り、それを
満たそうとして動く。

仕事ではそういうのって大事だなと思います。

うまいものを食べる
好き・嫌いを知る
自分の好き・嫌いを知る
お客様の好き・嫌いを知る
仲間の好き・嫌いを知る
うまいものを食べる

そんな良いループの一つとしてうまいものがあったらよいなと思います。
大阪で安くておいしいお店あったら教えてくださいね!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/177

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2011年5月 2日 23:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「取捨選択の基準」です。

次のブログ記事は「同じテンションで同じことを何回できるか」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ