2011年5月アーカイブ

お客様と打ち合わせをさせて頂きました。
規模で言うとうちよりも一回り大きい会社様で
このご時世ですが、毎年1.5倍ずつ売上が増えている
とのこと。
事務所も移転されておりました。

弊社側の不手際があり、謝罪を含めて話をさせて頂きましたが
その辺は寛容に受け止めてくださり、話はもっぱら会社経営関
連の話へ。

人数によるマネジメントや企業防衛、人の管理
営業、その他もろもろ。

短い時間ながらも沢山の学びがありすぎて、逆に申し訳なるくらい
ありがたい話を頂きました。

同じ立場の人との話は共感できたりイメージできたりするので本当
に楽しいし役に立つなと思います。

そこでふと思ったのですが、社長同士の情報交換なり交流は
それなりにあるものの、従業員同士って仕事のお付き合い以外
では本当に少ないのではないかと思いました。

実際私もサラリーマン時代はなかったですし、そういう余裕さえ
なかったですし、発想もなかったです。

しかし依然クレドを作成する際にうちのメンバーを連れ出し、同じく
作成している会社の人たちと触れ、刺激を受けていたなと感じまし
た。

社長同士だけでなく、マネージャーだったり、営業だったり
総務だったり、マーケティング担当だったりの交流の場が
もっとあれば日本のホワイトカラーの生産性はもっと上がるのでは
と思った。

うちも業務だけでなくビジネスマンとしてのスキルアップの場を
もっと考えてみたい。
ある方から糸川さんという人の本を読むように。
あなたはこういう人だからということで、アマゾンで探すと

独創的発想法―デセンター思考に強くなろう (イルカの本)

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4833440164/ref=as_li_qf_sp_asin_tl?ie=UTF8&tag=supernm-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4833440164

ありました。30年前の本です。
使われている事例は古いものの、逆に今起こっていることもあったりして
概念を抽象化して考えると面白いなと思いながら読んでいます。

そこで日常的にイメージしやすい話が一つあったのでご紹介。
それはゴキブリとコオロギの違いについてだ。
日本人はコオロギが鳴くと

「ああ、秋の音色」

と思うがアメリカ人は

「うるさいから踏みつぶす」

と全員が言ったそうだ。
日本人は意識してコオロギを踏みつぶすことは
あまりないのではないかとのこと。
一方日本人はゴキブリはバシバシ殺す。
殺す理由を改めて考えると、意外とない。
不潔だから?
コオロギも同じでしょう。
何か大きな害があるか?
コオロギと変わらぬ程度の害でしょう。

あるとすれば鳴くか鳴かないかだけくらい。
むしろコオロギの方が鳴く分害があるのかもしれない。

しかし日本人はそうじゃない。
ゴキブリは殺し、コオロギは聞き耳を立てる。
ただ世界では同じ現象は起きない。

外国人と交わることで日本人が囚われている概念
を知ることができ、そこから独創的発想を生み出す
きっかけとなるだろうということで外国人と単身で交わる
ことを勧めている。

確かに。
コオロギは車で踏みつぶされているのは良く見たが
踏みつぶそうと思ったことは私はない。しかしそれはすでに
日本人的感覚だったんだということを知りました。

これはやっぱり単身で、しかも英語が使えない国に
ぷらっと一人で行ってみるしかないかな。
奥さんと会社の許可が下りれば(笑)。

来年はよし!やるだけ!

見えるようにするだけ

| コメント(0) | トラックバック(0)
息子が絵本を欲しいというのでなんばの旭屋書店へ。

「あ、これ反対からも読めるんやで」
「あ、これけがするんやで」

保育園で読んでもらっているのか、良く絵本を知っている。
その場で絵本を読みだした。
読んでいる字を見ているとカタカナが登場。
カタカナの50音の掲示物は家に張ってあるが、シマジロウ
でも保育園でもまだ本格的には習っていないはずだが、読
めるんだろうかと思っていたら

さらっと読んだ。

へー、単に掲示してあるだけなのに。
これに気を良くした私は、早速足し算の掲示物をトイザらス
で購入。足し算も指を使ってできるようだがもうちょっとスピード
アップさせたいなと思っていたところ。
さてこれで何カ月か後にはスラスラできるようになるだろうか。
どんどんリビングには掲示物が増えてきた。
ひらがな、カタカナ、足し算。息子は漢字も欲しがってた。

そういえば日本地図も張ってあった。出張が多いので
電話で話すときに覚えさせようと思って買った。
北海道や沖縄などの南北の端、私の実家がある長野、
出張が多い東京、家から近い奈良などいくつかは覚えたようだ。

会社には目標とか目標の進捗とかが掲示されているが
これってもしかして物足りないのでは?と思った。
目標とか進捗ってあくまでも結果であって達成するためのプロセス
じゃない。現状把握にはなるけどそこからどうするかは委ねてしま
っている。

目標を達成するための行動を共有する掲示物の方が良いのかもし
れないなと感じた。
どんな行動を見えるようにしたら良いだろう?

あ、今日買った絵本です。

わにわにのおおけが (幼児絵本シリーズ)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4834025446/ref=as_li_qf_sp_asin_tl?ie=UTF8&tag=supernm-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4834025446

三びきのやぎのがらがらどん―ノルウェーの昔話 (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4834000435/ref=as_li_qf_sp_asin_tl?ie=UTF8&tag=supernm-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4834000435

絵本、意味がわかるものが多い中でこの二冊は
何が言いたいのかあまり分からなかったです。
私の読解力の問題かな。

配置換え

| コメント(0) | トラックバック(0)
家のダイニングテーブルの座る位置
を変えてみた。

今までは

上の息子 奥さん 下の息子



だったが

 奥さん  下の息子

 上の息子  私

とした。
上のレイアウトだとテーブルが足りないので
2つ出していたが下のレイアウトだと1つで済むので
部屋が広くなる。

変更してみてわかったのが、会話が弾むということ。
これまで上の息子はひたすらテレビを見てしまって
いたが、今は奥さんの顔が見えるせいか、レイアウト
のバランスのせいか、私が隣にいるせいか話をしてくる。

家のダイニングでこれだけの結果が出るとなると
世の中単純にレイアウトを変更するだけですごい
儲かったり、効率的になったりすることってあるんだろうな
と思う。

そう言えば大阪オフィスも先月末に配置換えしたっけ。

ちょっとうまくいかない時、気分転換に配置換え、レイ
アウト変更はいかがですか?

よし!やるだけ!
マンションの夏祭りの打ち合わせがありました。
私は子供会の書記として遅れてですが参加しました。

年代は60代?30代の男性、女性

遅れて入るともう複数の話が交錯するわ
話の起点はわからないわ
誰も仕切らないわ
(本当は仕切らないといけない人いるんですが・・・)
仕切っても脱線するわ
仕切っても拘束力も低いわ

議題をお聞きするとお祭りの料理を何にするか。
・焼きそばは決まっているが例年焼きそばに殺到し待つ
 時間が長くなる。
・昨年やったちらし寿司は大変だった
・かといって夏場だし温かいものは危険。
・カレーも微妙。
・そもそもの課題の共有も弱いし

じゃあ何が良いか・・・

会社組織との違いを感じます。
会社組織ならある程度意思決定者がいて
エイヤーで決めたり、まとめたりできるんで
すが、そこは強権も全く聞く余地はありません。

自然と打ち合わせはだらだら目で長めに・・・・

非営利組織こそリーダーシップって必要だな
と感じました。

離見の見の視点をもつ

| コメント(0) | トラックバック(0)
京都で私の師匠として勝手に慕っている
竹林さんの「聞術」セミナーを受信してきました。

コミュニケーション研究所
http://www.com-lab.org/

聞術(もんじゅつ)と読むらしいです。
竹林さんは京セラの稲盛さん、ワタミの渡辺美樹さん、小池百合子さん
セレッソの遠藤、阪神の真弓監督など500人以上の有名人のインタ
ビューをされた来られた方

取材実績を改めて拝見し、めちゃくちゃ本当にすごいのでびっくりです。
http://www.com-lab.org/%E5%8F%96%E6%9D%90%E6%AD%B4/

セミナー内容としては私のフィルターで解釈すると

話の聞き方ってできてると思ってるけどできてへんで―、みんな。
聞き方を知ることで相手との信頼関係は確実に違ってくる。
その概念と具体的なテクニックのいくつかをご紹介くださいました。

その中で私が実践したいなと思ったのが

「離見の見」

です。世阿弥が言っている言葉とのこと。
離見の見とは自分を第三者の目で見る状態とのこと。
我見:私が相手を見る
離見:私が相手に見られている
離見の見:私が相手に見られているのを見ている

これの練習としては自分の感情が今どういう状態か
を客観的に見て感じることとのこと。

ああ、自分は今終電を逃してちょっと落ち込んでるなー
とか
2時だし、そろそろ寝ないとまずいなーと思ってるなー
とか
首がうずくと姿勢を正そうとしている自分となんとなく情けない気持ち
があるなー
とか

離見の見によって自分の聞くときの「型」や「スキーマ」を理解し、
それにより相手の話を素直に聞くことができるとのこと。

聞くことについて自信はあったのですが、まだまだこの境地には全然
達していないなと感じました。

明日から離見の見を実践します。
よし!やるだけ!

お客様の専門家になる

| コメント(0) | トラックバック(0)
なぜ、御用聞きビジネスが伸びているのか
顧客が自然に集まる10の発想転換
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4478374996/ref=as_li_qf_sp_asin_tl?ie=UTF8&tag=isobookreview-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4478374996

という少し古い本を読んでます。
2005年発売です。
きっかけはアマゾンでお勧めされたまま買っていったら
この本が出てきたんです。
一緒に出てきた本は

でんかのヤマグチさんが「安売り」をやめたワケ
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4796678956/ref=as_li_tf_tl?ie=UTF8&tag=isobookreview-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4796678956

読み始めるとわかったのが
なぜ、御用聞きビジネスが伸びているのか
顧客が自然に集まる10の発想転換
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4478374996/ref=as_li_qf_sp_asin_tl?ie=UTF8&tag=isobookreview-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4478374996

の1章に出てくるのが会社名は出てこないものの
おそらくでんかの山口さんだということ。

でんかのヤマグチ
http://www.d-yamaguchi.co.jp/

でんかのヤマグチは安売りではなく電球1個から飛んでいって
つけてあげてしまう御用聞き的存在で有名になった。

これらにうちがやるべきことが沢山書かれているなと感じた。

その一つは商品の専門家ではなくお客様の専門家になるということ。

うちではISOやPマークでお付き合いが始まっているものの
お客様の困っていることをしっかりとお聞きし共有しサポートする。
自社でできない場合は知っている会社を紹介する。

これらができるようになるためにはお客様と雑談をする力が必要。
本によると雑談を3分以上できる人は少ないとのこと。
確かにビジネスの場で合理的な話以外をするのは
難しかったりする。
しかしお客様の困っていることは雑談の中から出てくることがある。

ISOやPマークの専門家である前にお客様の専門家として
お客様の良き相談相手になり困ったことをお聞きできる雑談力を身につけていきたい。

よし!やるだけ!

流れに任せてみる

| コメント(0) | トラックバック(0)
先日ある仕込み中のビジネスについて打合せした。
ビジネスモデルに拘り、ある業界にしかけていたが
どうもしっくりこないようだ。
話を聞くと、なるほどなるほど。
せっかく大きい市場に攻め込んでるのにビジネスモデル
に拘ることで市場を狭くしてしまっているところもある。

しかもどっちかというとビジネスモデルにこだわるよりも
違う方が得意だし、いっそのこと流れに流れてみないか
って事になりました。

目標数字も変更し8月末まで取り組みます。

そもそも今のメインのビジネスモデルも足かけ5年くらい
かかってようやく実ったようなもの。
簡単にビジネスモデルなんて作れないかもしれないし
そこは演繹的じゃないかもしれないとも思い始めた。

ということでおもいっきりEコマースやってみます。
どうなるかこれはこれで楽しみです。

メイン事業もしっかり伸ばしながら仕込みもしっかり
やれたらなと思います。
「DM当たってないですよ」

普段警笛を鳴らすことがない担当が警笛を鳴らした。
思わず二度見した。
え?警笛鳴らせるの?

そうか警笛を鳴らせるのか。

人生の警笛をなんとか鳴らせた彼は、DMの転換率の悪さ
の警笛も鳴らせた。

警笛、アラームを鳴らすスキルは非常に重要でハイレベルな
ことだと思う。

まず事前に警笛をどのタイミングで鳴らすか決めておく必要がある。
そしてそれをセットしておいて鳴らせないといけない。
鳴っていたとしても気づかない時もある。
そして最も多いのが警笛を鳴らすタイミングを事前に決められていない。

今回は警笛を鳴らすタイミング、鳴らす状況は曖昧だった。
しかし鳴らせた。つまりそこに関心があり、縁があり、好きである
可能性があると考えた方が良い。

社内では最近色々な所で火種がくすぶっているが何とか火消しを
できている。
しかし基本的には火種がくすぶる前に火種自身がない状態
にすることが大事だ。

火種がないか再度確認。
警笛を鳴らす必要がないか再度確認。

三谷幸喜に比喩を学ぶ

| コメント(0) | トラックバック(0)
三谷幸喜のありふれた生活9 さらば友よ
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4022508450/ref=as_li_qf_sp_asin_tl?ie=UTF8&tag=isobookreview-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4022508450

を読み終えた。
すごい好きということではないがビジネス書以外では
何冊か読んでいるので好きな部類に入る本かもしれない。
ビジネス書以外の本を読むと例えや比喩表現が面白い。
ビジネスの世界では使われることがないものに触れること
ができるからだ。

今日読んで私の視点でよかったのが二つあった。
一つは「ほぼ職業病の手の痺れ」に出てくる
「頸椎の椎間板ヘルニア」の例えだ。

以下参照

「骨を電車の車両とすると、連結部分に当たるのが椎間板、当然、
連結部分は車両よりもサイズが一回り小さい。椎間板も同様なの
だが、僕の場合は、その椎間板が数か所、骨の間からちょっとだ
け飛び出してしまっている。その飛び出した部分が神経に当たって
ビリビリしびれるのだ。車両の間から飛び出した連結部分が電線に
当たって、ビビビッとショートする様子を想像してみてください。」

ここまで。

頸椎の椎間板を電車の連結部分に例えたところで既に勝利している
と言える。
それと私もちょうど2週間前から同じ症状で周りの人にどう伝えたらよい
んだろうと思っていたので、すごく共感できたということもある。

二つ目は反乱する機械たち
ようするにマウスやパソコンやテレビの調子が悪いことを書いて
いるのだが反乱とすることで機械が意思を持っているように感じる。
それらと格闘する三谷幸喜も想像されコミカルに感じることができる。

ビジネス書でも三谷幸喜ばりの比喩とどこかコミカルさを入れられたらな
と思った。

息子の決まり文句に

「つまんないな」

というのがあるらしいが今日初めて聞いた。
確かに朝から

「つまんないな」

を連発している。
そこで私は見ていた広告を見て

「アハハハハハッハハハ」

次に新聞を見て

「アハハハハハ」

○○(息子の名前)くん、楽しくないのは自分
が楽しい人間じゃないからだよ。楽しい人間、
面白い人間は日常を楽しくできるんだよ。

わかったかどうかわからないが、心理を伝えたい私は
そのまま伝えた。

ちょっと風邪気味だった上の子供を公園で
1時間程度遊んだ後耳鼻科に連れて行った。
人気のある耳鼻科で基本的に1時間くらい待つ。
近くには5分で終わる耳鼻科もあるが。

好意う時のために私は本やらなにやら暇つぶしグッズを
持ち歩いているが息子は耳鼻科にあった息子にはまだ
まだ難しいヘレンケラーの本を持ってきて

「アハハハハハ」

と私をちらちら見ながら笑いだした。
そう、朝教えたことを実践してつまらない耳鼻科の待ち時間を
楽しもうとしたのだ。
一人じゃかわいそうなので私も一緒に三谷幸喜の

「三谷幸喜のありふれた生活9 さらば友よ」
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4022508450/ref=as_li_qf_sp_asin_tl?ie=UTF8&tag=isobookreview-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4022508450

を読みながら

「アハハハハハ」

とやっておいた。
この実践の速さ、「さすがわが子」。

面白くもなき世をおもしろく

高杉晋作ってすごい名言残してるなあ、本当に。
久しぶりに会社にいると
A君から報告。あまり良くない内容。早速お客様に連絡し対応。
営業後、東京のB君から報告。あまり良くない内容。対応を指示。
社内業務の整合性チェックを夕方から22時まで実施。
正直全然整合していない現実に愕然としながらも
一つずつヒモとき、修正作業。22時まで結局かかってしまった。

攻撃力はレベルアップしてきたものの守備力はまだまだ弱い。
ただ唯一の救いはみんながあまり良くないことでも報告して
くれたり、今の現実に納得いかずに頑張って対応してくれて
いること。

外向けには最終的にパフォーマンスしか評価されない現実。
がんばりが報われるようにサポートしたり仕組みにしたり
できたらなと思います。

またぜひ相談に載ってください>読者様。
少し前の名著

超地域密着マーケティングのススメ (アスカビジネス)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4756910742/ref=as_li_qf_sp_asin_tl?ie=UTF8&tag=isobookreview-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4756910742

を読み始めました。
超地域密着マーケティングとのことですが
これはネット社会だからこそより大事になることがたくさん
書かれているなと思いました。

この本が出たころはネットがまだ地方に普及していない
時に地方では人とのふれあいや地域になじむことの重要性
が大事であることが書かれています。しかしこれは
ネットが地方に普及するとより一層大事になることじゃな
いかと思うのです。
グローバルだからこそローカルが重要になる。

さて本題なんですがトップセールスの話が出てきます。
そこでなぜそのトップセールスマンはお客様から好意を
勝ち得たかについて

「私はやはり、常にお客様からジラード(トップセールスマン)
に抱く好意よりも、ジラードがお客様へ抱く好意の方がずっと
大きかったのではないかと考えています。」

と書かれていました。
なるほどー!

トップセールスマン>お客様>へぼセールスマン

という感じかもしれません。
これってすごい大事なことだなと。

少なくてもお客様よりお客様への好意、好意とはいかないまでも
興味が多ければお客様から他の営業マンより好意を頂ける。
興味を持つためにはお客様について調べる必要がある。
調べて知るとより好意を持ちやすくなる。

これってすごい大事なことだなと。
お客様が私どもへの好意を上回るようにお客様に好意を抱いていきたい。

よし!やるだけ!

違いがわかる男

| コメント(0) | トラックバック(0)
タララー、ターラ、タララー

ある年代の人だったら

「違いがわかる男」

というとコーヒーのCMを想像するかもしれない。
違いがわかるって大事だなと思います。
多分違いがわかるかどうかがその分野の専門性
を持っているかどうかなんじゃないだろうか。

コーヒーの味がわかる
儲かる株がわかる
儲かっている会社がわかる
プロが作ったデザインがわかる
高いワインと安いワインがわかる
儲かりそうなビジネスと儲からなさそうなビジネスがわかる

私が身につけたいのはやっぱり人じゃないでしょうか。
・育つ人材と育たない人材がわかる
・素直な人材とそうじゃない人材がわかる
・人の話を聞くことができる人とそうじゃない人がわかる
・伸びる人と伸びない人がわかる
・がんばれる人とがんばれない人がわかる

些細なことでも良い。どう違うのか考える癖をつけてみる。
違いがわかれば後は埋めるだけ。

違いがわかる男になるべく磨きをかけます。

よし!やるだけ!

ビジネスマンなら

| コメント(0) | トラックバック(0)
http://osaka-seminar.com/

目には目を。
歯には歯を。
ビジネスマンならビジネスマンとして。

経済の世界はそれぞれが得意分野を受け持つことによって
効率を生み出し、結果として牛丼が250円になっている。

旨いものを食べるなら自分で自画自賛する料理よりも
レストランに行った方がはるかに効率的だ。

建物を自分で建てるよりも建設会社に頼んだ方が
信頼できるだろう。少なくても私が建てた家には私は
住みたくない。

病気になったら自分で治すよりも医者に行った方が
良いだろう。歯なんて治せないし。薬だって処方してもらえない。

ビジネスマンは自衛隊のような活動をしても足手まといになるだけ。
それであれば自衛隊を支援する方が絶対良い。

ビジネスマンはやっぱりビジネスで応援するのが
ビジネスマンのやり方ではないだろうか?
この考えに賛同し、私もここに名前を連ねさせていただいた。

http://osaka-seminar.com/

日本を憂うビジネスマンならビジネスマンとして
応援してみるというのはどうだろうか?

http://osaka-seminar.com/
マーケティングの限界をなんとなく感じていたのですが
今日は確信に近い感じで限界を感じることができました。
そしてその次はどうすべきかも。

10年前、マーケティングと出会い、まさにすごい!と思って
から10年間マーケティングは最強だと思い、磨きをかけて
きました。

しかしそこには限界があった。

いえ、すでに感じてはいました。

これをやり続けた先には限界があるかもしれないという
漠然としたものが。

そして今日、確信的に感じました。

それは同時に次にやるべきことが明確になったともいえます。

マーケティングは効率的なセールス活動のためには最強ですが
効率的なという部分を取り払うとそうでもないかもしれないというこ
とです。

あらたなテーマに来月から取り組んでみたいと思った。

よし!やるだけ!
暖かい季節。家族で天王寺動物園へ。

入るとすぐにスタンプラリーの案内。
配っていたのはベネッセコープレーション
と書かれた黄色いジャンパーを着た人だった。

スタンプを2か所で押すとスタンプラリーは終わり。
ゴールのアシカのところへ。

ベネッセがやっているということで
紙を見ると連絡先を書く欄があった。

プライバシーマークのマークもあった。

簡単なアンケートから考えると
どうやら英語の教材につなげたいようだ。

動物園への来訪者から英語教材への転換。
私には全く想像ができない転換。
ベネッセはこの試みはどの程度の勝算なんだろうか
過去にもやったことがあるんだろうか?
どの程度転換しているんだろうか

とりあえす連絡先、子供についての情報を記入。
どんなアプローチをしてくるのか非常に楽しみだ。

ワーク:仕事
スタディ:勉強
ファミリー:家族サービス
ソーシャル:地域

ある程度の年齢になるとワークライフバランスでは語れない
4つのバランスが必要になる。

平日はめっきりワーク。本当はスタディも平日の夜だとやりやすい
がスタディのターゲットを広く集めることとある程度の時間の長さ
を取ることを考えると週末になる。

ファミリーで子供が小さいと基本的にほぼ子供の面倒でお天道様
が高い時は終わる。

これまでソーシャル:地域とのかかわりは薄かったが、大型なマンションで
役をやると必然的にかかわりが深くなる。さらにそれを享受している身であ
ればいずれはやる必要があり、そのありがたさもわかっているのでないがし
ろにもできない。

このうちスタディだけが自主的な活動なため、必然的に優先順位や緊急度
が低くなる。しかしスタディを怠ると長期的にワークに影響を及ぼす。
かといってファミリーをないがしろにすると奥さんに負荷がかかり、子供からは
遠ざかってしまい家に居所がなくなってしまったり、奥さんが最後の切り札を切る
リスクが出てくる。

ワークにも、
 └お客さん事
 └社内事
    └人
    └お金
    └その他
 └取引会社事

ファミリー
  └奥さん
  └子供
  └親族
    └親
    └兄弟
  └お金

スタディ
 └ワーク系
   └役職
   └外向き
   └内向き
 └ファミリー系
   └学校
   └遊び、レクリエーション

など考えることができる。

あ、忘れてはいけない。40になってめっきり感じるのが健康の大事さ。
無理をするとすぐに体調を崩す。いつも薬を飲んでいるか体調のどこかに
不調を感じたりする。

そういう意味では

パーソナル
  └スタディ
  └ヘルスケア
    └歯
    └体重
       └運動
       └食事
    └睡眠

かな。
考え出すときりがないな・・・
重要度はどれも変わらない。大事なことはバランスを取りながらどれもしっかり
やる必要があることだ。

もう一つ言えることはバランスを取る項目が少ないうちに
スタディやワークをかなり重点的にやっておかないと
それこそ将来バランスを取りにくくなるということだ。
結婚前、20代だとファミリー、ソーシャルは考えなくても
良いことが多いだろう。

よし!やるだけ!
やるだけ?
やるだけ!
社内のスケジュール管理を本格的にサイボウズから
googleに移行しています。
今月末には基本的にgoogleカレンダーのみの運用に
なる予定。

一つ課題があるとすればgoogleカレンダーをiphone
で見るときに見難いということ。
またアプリもあるんですが、どうも表示がgoogleカレンダー
ほどの見やすさを実現できない。

覇権争いも良いけどどっちもきっと生き残るので
ぜひそこは仲良くやってほしいです。

googleカレンダー同期のiphoneでの表示がすばらしい
アプリがあったらぜひご紹介ください。

月表示、週表示、日表示、複数人表示が可能な奴です。
ジェットストリームってちょっと叫んでる風にすると
変身できそうですよね。

ジェットストリームというボールペンをご存知でしょうか?
私は実はここ数週間で知りました。
そしてそのファンの多さにちょっとびっくりしています。

最初の出会いは、某長野県でのお客様先。
ISOそっちのけで万年筆ネタで盛り上がっていた後
事務局の女性が

「ジェットストリームも手放せません」
(みたいなこと)

を言ったんです。
私の中でジェットストリームというとJ-WAVEの深夜番組
詩か知りませんでしたが、どうやらすごい書きやすいらしい
という話をされました。

さっそく文房具特集をしている雑誌を見るとなんとなんかで
NO.1でした。

早速会社で買ってもらえるように依頼。
(いまだに買ってもらえてないけど)

社内で
「ジェットストリームっていうボールペン知ってる?」
と聞くと
「あ、知ってます」

とのこと。え?何?結構有名なのと新し物好きの
教え好きな私はくじかれました。

そして今日都内某所で仕事をしていると
すらすらとジェットストリームを走らせるお客様を発見。
すかさず私は

「それってジェットストリームですか?」
と聞くと

「そうです。これ、手放せません。誰かに撮られるのが絶対
嫌なので、名前を貼ってるんです。換え芯買ったの初めてです。」
「これ、あたり・はずれがあるんです」

と熱く語ってくれました。
その後借りてカリカリと書いてみると確かにスムースで
まろやかな書き口。

なんかジェットストリームってすごい人気になってるのかな。
一本欲しくなってきました。

アスクルで買えるみたいだからさ
そろそろ買ってもらえないかな・・・>会社

ジェッッッッッットストリーーーーム!

デザインとは愛だ

| コメント(0) | トラックバック(0)
デザインについて素人なりに考えたりします。
デザインってなんだろうと。

私にとってデザインとは見る人への愛だと思います。
どういうことか?

デザインとは頼む人がいてその先に使う人がいる。
使う人にとって使いやすいと思えるものがデザイン
ではないでしょうか。

使いやすいってなんだろうか?
使いやすいとは相対的なことで主観的なことだなと
思うんです。
つまり相手によって使いやすい、使いにくいがある
ということ。

例えば新規のお客様向けのウェブサイトとリピーター
向けのウェブサイトは異なるデザインになります。

パソコンのヘビーユーザーとライトユーザーで使い勝手
が良い・悪いは変わるでしょう。
サイボウズというグループウェア
ヘビーユーザーにはちょっと使いにくいけどライトユー
ザーには使いやすいかもしれません。またこういうソフ
トになるとちがうの視点、管理者、提供者なんてものも
あります。
管理がしやすいかどうかが導入の鍵だったりすることも
あります。

うちのメインサービスはISOのヘビーユーザー向けであり
初心者には理解できません。

デザインというとウェブだったりグラフィックだったり
絵だったりをイメージするかもしれませんが、
デザインを見る人への愛とすると単に日記に書かれる
文字だってデザインになるでしょう。

読解しやすい文章
行間
文字の並べ方

横に長い文章って読みにくくないですか?
ウェブの世界では横スクロールはタブー視されてます。
なので縦に長くても横に長いのはNG。

本当は横の長さもそろっている方が断然見やすいんだとも
思います。(あわてて直してます)

デザインを志すなら相手を意識してデザインしてほしい。

自由は苦痛

| コメント(0) | トラックバック(0)
読みたい本の山から

選択の科学
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4163733507/ref=as_li_qf_sp_asin_tl?ie=UTF8&tag=isobookreview-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4163733507

を選択し読み始めた。
1/3ほど読み進めましたが、面白いです。
ちゃんと実証研究しているところがアカデミックな感じで
その研究結果を読むたびにワクワクします。

それと常識だと思っていることを覆される快感を味わえる本
だなと感じました。

日本人の多くは今や恋愛結婚が常識だし、私もそれが
常識だと思っていましたが、実は世界では親が勝手に相手を決める
いわゆる「取り決め結婚」が多いとのこと。
良く考えると日本だって江戸時代までの多くはそうだった。

ここで面白かったのは二つ。
一つ目は物語からわかる西洋と東洋
西洋のシンデレラの話とインドの話
・シンデレラの話はお互いに惹かれあい結ばれる
 ところでハッピーエンド
・インドの話は結婚は決められたが、その後幸せ
 な生活を死ぬまで過ごした話

これを実証研究的にみた恋愛結婚と取り決め結婚の
幸せ度の割合。
恋愛結婚は結婚して数年は幸せ度が高いが晩年になればなるほど
それは薄れる。
一方取り決め結婚は、まさにその逆になっていく。

どっちが果たして幸せな選択?
という命題が投げかけられた。

また東洋人と西洋人だと仕事へのモチベーションとしての
選択権のとらえ方が違うとのこと。
西洋人?アメリカ人はより自由裁量があるほどやりがいを感じ
東洋人は、決められた環境でよりやりがいを感じるという
研究結果が出ているとのこと。

つまり日本人は「自分で決める事」は苦痛に感じる傾向にある
ということ。

うちの組織は個人の裁量が多分多い方だと思っている。
だけどそれはもしかしたら良いことだけじゃなくむしろ働くうえでは
苦痛に感じることが多々あり、そこにストレスを感じたり
モチベーションを下げる要素があったりするのかもしれない
ということだ。

ここは非常に示唆に富んだことだった。
私は個人の裁量をどうやって広げようということだけを考えていたが
それはもしかしたら組織で働く人にとって良いことではないかもしれ
ないということだ。

私は「決めるだけじゃん」と思う人だがきっとこれでも西洋人からしたら
制約がある世界にいるんだろう。ましてや東洋人一般は研究結果として
「決めることを委ねたい」わけだ。

この辺のさじ加減を今後もっと組織の中で考えたいと思った。
マッチポンプ売りの少女
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4860634551/ref=as_li_tf_tl?ie=UTF8&tag=isobookreview-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4860634551

マッチポンプって何?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%9D%E3%83%B3%E3%83%97

一言で言うと自作自演ってことなんでしょうけど
世の中の多くが自作自演というか何らかの意図があり
出来レースだったりすることを結構わかりやすく暴露し
ちゃってる本です。

はいはい、というネタもあれば、え!そうなんだ!というネタも。
例えば売れに売れた某タレントが書いた小説の話とか
某検索エンジンの話とか、世界的な団体の日本の話とか
なんか一見書きにくそうなことを、ズバッと書いてくださってます。

前作も結構ドカドカっと書かれており面白いです。
ヘッテルとフエーテル
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4766784588/ref=as_li_tf_tl?ie=UTF8&tag=isobookreview-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4766784588

私自身はここに書かれているものに引っかかってはいなかったけど
おそらく知らないうちに引っかかっている要素もあり、それはそれで
常にそういう目で物事を見た方が良いんだろうなと感じました。

これからの残酷な世の中をいきていいくためには一度眼を通しておいて損のない本でした。

まだまだネタがありそう・・・・
なんばパークスにあるギャルソンのお店に
新作のTシャツが展示されていた。

金色のハートが眼につく。

欲しい。

無性に欲しい。

その欲望を抑えるためにちょっと冷静に考えてみた。
良く考えるとハートじゃないか。
ただハートをTシャツに書いてあるだけじゃないか。
なんでハートがTシャツに書いてあるだけなのに
おしゃれに感じ、欲しいんだろか。

逆に考えよう。
ただハートをTシャツに表現しただけでおしゃれに
見えるところがギャルソンのすごいところなんじゃ
ないかと。

このパターンのTシャツ、実際3年は続いてる。
ハートと色とTシャツの組み合わせ。
もしかしてすごいおかせぎになっちゃってるかもしれない。

さらに考える。
デザインってきっと制約がある方ができるのかもしれない。
そしてギャルソンのすごいところは、来た人がお洒落になっ
ちゃうところ。
このTシャツ来てるだけで正直おしゃれに見えちゃうかも。

こてこてとテクニックを駆使する必要はない。
重ね着をする必要もない。
そう考えるとシンプルだな。

降参。
ますますギャルソンにあこがれる。

ベスト100を作ってみる

| コメント(0) | トラックバック(0)
常に面白い人間を目指しているので思わず目にとまった本

どうしたらおもしろい人間になれますか? ?よしもと式クリエイター養成講座の現場から? (ヨシモトブックス)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4847019784/ref=as_li_qf_sp_asin_tl?ie=UTF8&tag=isobookreview-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4847019784

本の目的はエンタメ業界の学校の宣伝のようだが中身は
しっかり読み応えがあった。
その中で一つ実践してみたいのは
すきなことでベスト100を列挙してみるというもの。
面白いことを蓄積していることが大事。その一つの方法として
紹介されていた。
好きなことで20くらい列挙できなければそれは好きとは呼べない
んじゃないかとのこと。

確かに。
逆にベスト100をあげられそうなものを探してみるという手もある。
私なら

好きなラーメンベスト100
好きなマンガベスト100
好きなビジネス本ベスト100
好きな息子の動画ベスト100

というところか。
さらに今後ベスト100くらい極めたいものを考えるということもできる。

好きな経営者ベスト100
好きなお客様ベスト100(うわー、すいません)
好きなビジネスモデルベスト100
好きな従業員ベスト100(まず100人いないと)

自分だったら好きなベスト100を何で語りたいだろうか?
ウェブサイト、無料のソフト、好きな同人誌、好きな酒のつまみ
せっかくの長い休み(といってもあと1日だけど)だから

自分の好きなものを100個列挙してみると自分が少し見えてくるかも。

よし!やるだけ!
朝ぼーっとテレビを見ながら、朝食を取りながら
新聞をピラピラと見るでもなく捲っていた。
ああ、新聞休みなんだ、くらいな感じで最後のページを見ると
黒いシスター姿の写真がドーンと載っていた。

以下は心の中の展開
------------------------------------
講話集かあ。渡辺和子?うーん、知らない。
売れるのかな?
まあ時代的にはこういう癒されるものって売
れるんだろうな。
どこが売ってるんだろ?
ん?
ん?
ユーキャンって書いてある。
へー、ユーキャンってこういうのも売るんだ。
というか時流に合わせてきた?
------------------------------------

確かにスキルアップよりも今は心を整える系
が大事かもしれない。
そしてそれをキャッチアップしようとしているユーキャン。
以前から売っていたかもしれないが、こんな大きな広告
とか売っていただろうか?
売っていたかもしれないけど、今目につくところがすばらしい。

さすがユーキャン。
今の時流、タイミングを意識した商品を売るって大事ですね。



19時、息子がテレビを11に変えろというので
11に切り替えた。
ポケットモンスターが始まった。
息子はご飯そっちのけでポケットモンスターを見ている。

一緒に見ているが、このストーリー4歳の息子はどこまで
わかってるんだろうかと思う時がある。

ある意味本当にすごいしっかりしている。
ポケットモンスターだけじゃない。
稲妻イレブン
その後のLBX(段ボール戦記?)
ベイブレード
アニメだけじゃなくカメンライダーオーズ

息子抜きに見たろかと思う時がある。

十分大人でも楽しめるということは子供も楽しめる要素
はもっと練られてるんだろうなと思う。

私も子供のころは散々アニメにウルトラマンに仮面ライダー
ゴレンジャーを見た口だ。

親も付き合い的に見ていたことだろう。
私の親は楽しめていたんだろうか?

私が楽しめているのはそういう世代だからか
私が楽しめているのはそれも織り込まれているからか
私が楽しめているのはそれらのレベルが上がったからか

それにしても最近のアニメってやつは・・・。

足の速い子の育て方
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4806139947/ref=as_li_qf_sp_asin_tl?ie=UTF8&tag=isobookreview-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4806139947

地方の本屋さんの店頭で見かけ思わず買ってしまった本です。
足の速さって私の中では持って生まれた運動神経によって
決まってしまうイメージの方が強かったので、すごい気になり
ました。

本のできも素晴らしいと思います。

成功体験。
成功体験を導くちょっとしたコツ。
理論的な裏付けを感じさせる文章。
具体的なノウハウのさわり。
そして子供だけでなく大人の育成にも使えると感じさせる
教え方のノウハウ。

一気に読めます。
気になった点

・速く走るにも基礎の筋肉がいる
 外遊びをしっかりやらせることが大事らしい
・速く走れるようになると野球やサッカーもうまくなる
 体ができていないとコントロールする力がなくうまくなりにくい
・速く走れない理由はメンタル面も大きい
 やればできるんだと思える子とやってもどうせ駄目だよ
 という子だと前者の方が早くなる
・教え方
 小学校低学年はイメージ的に
 高学年は理由も含めて
・具体的なトレーニング方法

です。
息子が「瞬足」という靴で早く走ることを意識しているので
どこかで実践してみたいです。
また教え方は会社でも実践できたらなと思いました。



朝、下の息子が食いつくように見るNHK教育の番組を一緒にみた。
全て毎日のプログラムは同じで子供たちが異なるだけだ。
上の子供、奥さんは次の展開を覚えていたり口ずさんだりできる。

体操のお兄さん

私も何度か見たことがある。それも上の子供のころだ。
多分その前からやっているんだろう。
少なくても5年以上は月曜日から金曜日まで同じ体操を同じように
やるわけだ。

私が奥さんに
「毎日飽きちゃわないのかな」
と言うと
「毎日違う発見があるんじゃない。私は自分の仕事毎日やっても飽きないよ」
とのこと。

「ブランド人は同じ言葉を同じテンションで伝えられる。」

エリエスの土井さんから教わったことだ。
この言葉にはもしかしたら伝えられることの大事さと同時に
同じように説明しながら短いフレーズだったとしても
新たな発見をすることができるということもあるのかもしれない。

私の仕事もある意味年間で同じことの繰り返しだし、やることも
一緒だったりします。ただお客様が異なれば求められることが変わったり
お客様を知れば当然やることも変わります。
同じことをやっているようでいて新たな発見をしっかり探す。
そんなことを心がけて仕事ができたらと思います。
うちの会社の月1回の食事会は、おいしいものを
食べることにこだわってます。
高いところではなく、食べることが好きなメンバーが多い
し私も食べるのが好きなので、どうせならうまいところ
どうせなら行ってみたいところに行こうというものです。

今日は東京、大阪のメンバー全員がそろう初めての日
なので、以前在日の知人から教えて頂いた

どぅれ村
http://r.tabelog.com/osaka/A2702/A270202/27000394/

にみんなで行きました。
食べログの点数以上においしいです。
うまさを表現する語彙は持ち合わせていないので
ぜひ行って堪能して下さい(笑)。

ところでうまいものを食べる効用ってあるなと思います。
今日も

「うまい!これうまい!」

と言いながら普段はあまり感情を表さないメンバーまで
興奮気味な感じで食べていました。

そう、うまいものはおもわず「うまい!」と言ってしまうものです。
この「うまい!」って大事だなと思います。

「うまい!」は自分の嗜好を伝えているのであって
自分の一部、自分の好き嫌いを伝えていることです。
好きはもっと好きを増やしたいという欲望を呼び
嫌いは、減らしたり嫌いの中でもすきを探したり。

好き嫌いは仕事ですごく重要だと思っていて
それをしっかり自分で感じながらコントロールするもの
だと思うんです。

どっちも感じないまま仕事をすると作業になってしまいます。
普段仕事で好き・嫌いといわなくても、うまいものを食べて
自分の好き・嫌いを認識し、自分の欲望を知り、それを
満たそうとして動く。

仕事ではそういうのって大事だなと思います。

うまいものを食べる
好き・嫌いを知る
自分の好き・嫌いを知る
お客様の好き・嫌いを知る
仲間の好き・嫌いを知る
うまいものを食べる

そんな良いループの一つとしてうまいものがあったらよいなと思います。
大阪で安くておいしいお店あったら教えてくださいね!

取捨選択の基準

| コメント(0) | トラックバック(0)
奥さんから片づけるように言われ6カ月。
ようやく重い腰をあげ、CD、レコードを整理しました。

CD200枚、レコード30枚を廃棄することに決定です。

最近音楽なんてめっきり縁遠くなっており、全く聴いていないので
はっきり言って全部捨てちゃっても何の問題もないんですが
それでも80枚だけ未練がましく残しました。

息子がなんとなーく音楽が好きになって聴いてくれたら
良いんじゃない?という80枚です。
へー、こんな音楽聴いてたんだという共有ができたら
面白いなと思ってます。
あと10年はかかるかな。
それまでCDを聴くことができる機械は生き残るんだろうか・・・

服、本、音楽、整理するかどうかの基準は自分がどうこう
というだけでなく将来息子たちにどう影響を与えられるか
を考えるようになってきました。

人生折り返し。いろいろと息子を刺激したいです。
アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このアーカイブについて

このページには、2011年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年4月です。

次のアーカイブは2011年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ