せっかちな生き方

| コメント(0) | トラックバック(0)
「そんなに急いで行かないでよ」

奥さんからせっかちにベビーカーを押しているところ
を呼びとめられた。

私の頭の中には今日は
・奥さんの要望の楽器やに行かないといけない
・息子の服、そろそろ買ってあげないといけないので
 それもどこかで見ないといけない
・テレビ、そろそろ見といたほうがよいでしょうということで
 電気屋さん
・子供のおもちゃの収納も考えたいなあ
・14時30分過ぎに家をでた。17時にはなんばをでないと
 夕飯の準備も含め生活のリズムがくるってしまう。
・駅までなんだかんだで10分、電車が来るのは15時くらい
 だろう。
・なんばで降りて目的地までまた20分くらい歩く。
・ということは実質1時間30分かあ

そんなことしか頭になかった。
これらを全部満たそうと思うと必然的に急ぐ必要がある。
しかし奥さんに

「そんなに全部やろうと思わなくてもいいじゃん。できたらで。
急いでも楽しくない。1個だけできたらいいじゃん」

と言われた。
いやあ、このときまで「楽しさ」とか一切考えてなくミッションを
なんとかして全部こなすことしか考えてなかった。
確実に仕事モードかも。

ここでモードを切り替える。じゃあ1個だけでいいかと。
そこからようやくいろんなことを楽しむ余裕が出てきた。

基本的にせっかち、基本的にこういう余裕がないものでも
ぜんぶ満たしたくなる。仕事でもきっと一緒だろう。

仕事で全部余裕があるのが良いと思わないが
今までそれで今程度しかできていない。
すこし余裕をもった楽しみ方をしてきていないが
もしかしたらそういうところに組織として必要性があり
もっとうまくやる、自分が望む成功に近づくこともあるのかな
とふと考えていた。

そう考えながら結局仕事のことかとさらに考えていた。
こんなことばかり考えてるせっかちな生き方だなとおもった。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/174

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2011年4月30日 00:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「確実に予測しうる未来への備え」です。

次のブログ記事は「マネジメントとは?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ