2011年4月アーカイブ

マネジメントとは?

| コメント(0) | トラックバック(0)
頭・心・体が冴える仕事リズムのつくり方
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4844371207/ref=as_li_qf_sp_asin_tl?ie=UTF8&tag=isobookreview-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4844371207

を読みました。
ざくっというと

いろんな本やいろんな人の成功した体の使い方
をそのまま真似してもだめでしょう。人はみんな
自分のリズムがあるからそれを知ることが大事だよね

と言う感じのことが書かれてます。
この本で一番気になった言葉は

「マネジメント」と言う言葉は、経営の分野で良く使われますが、
広義には「何とかする」という意味。経営の場合は、人・モノ・金
を使って何とかやりくりする

と書かれていました。
なんとしっくりくる言葉だろうかと思いました。

経営の理論の世界と経営のサポートする側と経営の実践側
と経験してきたわけですが一つ言えることはいろんな経営者の
成功法則はそのまま使えないということ。
法則とは言えないレベルなんじゃないかなと感じることが多々あります。

だけど会社が継続しているということは、経営者が「何とかしてる」
というその一言に尽きるんだろうなと。

逆に「何とかすればよい」わけでどれだけ綿密に考えても
「なんとかなっていない」ということはマネジメントできていない
ということ。

連休明けからも会社をなんとか切り盛りしていきたい。

せっかちな生き方

| コメント(0) | トラックバック(0)
「そんなに急いで行かないでよ」

奥さんからせっかちにベビーカーを押しているところ
を呼びとめられた。

私の頭の中には今日は
・奥さんの要望の楽器やに行かないといけない
・息子の服、そろそろ買ってあげないといけないので
 それもどこかで見ないといけない
・テレビ、そろそろ見といたほうがよいでしょうということで
 電気屋さん
・子供のおもちゃの収納も考えたいなあ
・14時30分過ぎに家をでた。17時にはなんばをでないと
 夕飯の準備も含め生活のリズムがくるってしまう。
・駅までなんだかんだで10分、電車が来るのは15時くらい
 だろう。
・なんばで降りて目的地までまた20分くらい歩く。
・ということは実質1時間30分かあ

そんなことしか頭になかった。
これらを全部満たそうと思うと必然的に急ぐ必要がある。
しかし奥さんに

「そんなに全部やろうと思わなくてもいいじゃん。できたらで。
急いでも楽しくない。1個だけできたらいいじゃん」

と言われた。
いやあ、このときまで「楽しさ」とか一切考えてなくミッションを
なんとかして全部こなすことしか考えてなかった。
確実に仕事モードかも。

ここでモードを切り替える。じゃあ1個だけでいいかと。
そこからようやくいろんなことを楽しむ余裕が出てきた。

基本的にせっかち、基本的にこういう余裕がないものでも
ぜんぶ満たしたくなる。仕事でもきっと一緒だろう。

仕事で全部余裕があるのが良いと思わないが
今までそれで今程度しかできていない。
すこし余裕をもった楽しみ方をしてきていないが
もしかしたらそういうところに組織として必要性があり
もっとうまくやる、自分が望む成功に近づくこともあるのかな
とふと考えていた。

そう考えながら結局仕事のことかとさらに考えていた。
こんなことばかり考えてるせっかちな生き方だなとおもった。
3月の自動車生産、57.3%減=震災で下落幅最大―自工会
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110428-00000070-jij-bus_all

とのこと。
今日お伺いした会社様も自動車関連の部品を一部製造しており
影響が出始めたとのこと。
来月からは一時帰休をまた始めるとのこと。
しかし、人材を切るのではなく確保はしておくとのこと。

それは現在落ち込んでいるが3か月?6ヶ月後には確実に
大きな生産が予測されるため。

あれだけの自動車が流されている現実
中古車がすでに品薄になっている編実

その時期がいつかという問題はあるが復興が進む中で新車
の販売も今後伸びることが予想される。

大きな事象は実は未来を予測しやすくなる。
大きな不況はその後確実にある一定程度戻ることはわかる。

落ち込んでいる今を悲しむのでなく
これからやってくるある程度確実な未来に備え、
投資ができる企業が生き残るんだろうなと感じた。
歳を取るたびに天気予報が気になるようになった。
子供のころ、天気予報とかそれほど気にしたかなと
思いながら今日はどうだろうと天気予報を見る。

出張でホテルに泊まると地デジ対応されているので
それで天気予報を見る。

実は自宅はまだブラウン管のテレビ(恥ずかしいことに)。

地デジ化されると天気予報は地デジのデータ放送で
いつでも見ることができる。
さらに、携帯でも見ることができる。

いつでも見ることができるということは、合理的に考えると
天気予報をテレビでやる理由はなくなる。

では天気予報はなくなるのだろうか?
徐々になくなるかもしれないし、天気予報だけの番組は
なくなるかもしれない。
しかしなくならないかもしれない。

そういう意味では番組情報も見ることができるようになるし
ニュースも見ることができる。

ではニュース番組はなくなるのだろうか?
どうだろう。
ドキュメンタリ的なものだったり何らかの独自の視点が入る
物は残るだろうし、逆に正確さだけを提供するニュースも残るかもしれない。

今や時計の価値は合理的に考えると低くなっていると思う。
携帯で見ることができるし、空間を売っている場所じゃない限り
どこでも時計はあったりする。
じゃあ時計はなくなるのか?
今のところなくなっていない。

高級なものだけが残っているか?
確かに高級なもの、オシャレなものの価値はあるだろうが
安いものがなくなっているかと言うとそんなこともない。

人はモノにいろんな価値を見出していてきっと合理的な理由以外にも
存在意義があるんだろう。

天気予報はニュースほどの幅はないように思うし、高級な天気予報?
ちょっとこの組み合わせは面白い。
無駄な天気予報?昔深夜番組であったかも。
美人天気予報、すでにそうか。
独自の視点の天気予報
ドキュメンタリ天気予報、天気は見た!みたいな

そのうち天気予報もそうだけど定点カメラでそのエリアの天気
が見ることができたりして。

テレビで天気予報がどうなるのかちょっと注意して見てみようかと思う。
経営のやってはいけない!?残念な会社にしないための95項目?
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4844371126/ref=as_li_tf_tl?ie=UTF8&tag=isobookreview-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4844371126

再読しました。
前回はすいません、さーっと流し読みしてましたが
今回しっかり読みました。
最初は起業したての人向けだろうと高をくくっていたのですが
読み進めると何箇所か考えておかないと怖い場所があり
ちゃんと読んで良かった!と思いました。

一番ドキッとしたのは21番

「自分の会社を潰す方法を考えろ」

です。
これは自分の会社がつぶれるとしたらどんなことによってなのか
考えるというもの。
人間だれしも悪いことは考えない傾向がある。
しかしあえてつぶれるとすればどんなことによって
起こりうるのか考え、今から対策を取れるなら取れる
ようにしようということです。

その他にもうちもそろそろ10人なので「10人の壁」
やブランドとは思い出してもらえることというのも
シンプルで素直に入ってきました。

人は「やってはいけない」と言われた方が脳にインプットされる
とのことなので、うちもやってはいけないリストを作らないと
と思いました。

今ちょっと思いつく範囲だと
・採用に関しては妥協しない
・仲良くなってもなれあわない
・一時の儲けとなるビジネスはしない
・リピートビジネス以外はやらない
・初期投資がかかりすぎるものはやらない
・ラーニングコストがかかりすぎるものはやらない

というところかもしれません。

やってはいけないリストをどんどん更新できたらなと思います。
よし!やるだけ!
誰とでも仲良くなれる人の聞き方・話し方
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4844371185/ref=as_li_tf_tl?ie=UTF8&tag=isobookreview-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=484437118

と言う本、読みました。
まずそもそもプロフィールが面白い。
京都大学を出て研究者やってたのに、話ができないからと言って
話をできるようになるための研究にいっちゃうところは
根っからの研究者なんだなと思います。

多分著者はすごい論理的な人なんだろうなということを
思わせながら表現や書き口は柔らかいのでわかりやすいです。

いろんなテクニックが実証研究の成果によって書かれているので
それを見ること自体が面白いです。

自分の話の長さを10秒、30秒、1分、3分と試してみて30秒が適切だとか
声のかけ方でどうすれば怪しまれないとか

私が一番この本でよかったのは、共通の話がない時や自分が興味がない話でも
相手と会話するときのテクニックです。

?何が好きですか?
?どうして好きなのですか?
?(その好きなことをしているとき)どんな気持ちですか?

と問いかけてみるとのこと。
これは使えるかもと思いました。

その他にも会話をするときに仮説立てが必要だということ。
相手が若く見られたいと思っているのかそれとも大人と
見られたいと思っているのかによって言われた言表現が変わってくる
とのこと。

当たり前のことだけど大事だなと。

仕事でも会話でも仮説って大事なんだなと言うことが良くわかりました。

また、面白いには2種類あるとのこと。
interestingとfunny。
これのどちらかを提供できれば面白いと思ってもらえる。
常にfunnyを目指さなくても良い。

お客様と共通の話題を見つける
初対面のお客様と会話で盛り上がる
初対面のお客様と会話を面白くできる

うちにとって必要なスキルなのでぜひ社内でも読んでほしいです。
「なあなあ、車が1円だったら買う?」

公園で遊んでいると近くの子供が話しかけてきた。
息子ともたまーに絡んでくれる7歳くらいの男の子だ。
偶然彼も山口で、弟といつもいるので、山口兄弟と
勝手に名付けている。

私は即答で

「買わない」

山口兄弟の兄は

「なんで」


「車は買うお金よりも維持費の方が高いから。駐車場代とか」

山口兄弟の兄
「その辺に止めとけば」


「それは捕まっちゃうし、車買えないよ」

山口兄弟の兄
「自分で作っちゃえば」


「ありだけど結局土地がいるから固定資産税がかかるよ」

半分くらいしか通じていないかもしれない(苦笑)。

山口兄弟の兄
「世の中なんでもタダだったらええのになあ」

と言って走り去ってしまった。

彼は車が欲しかったんだろうか・・・
子供のこういう発想を実現しようと考えるのが
ビジネスの始まりってのも面白いかもとふと思った。
運に好かれる人、見放される人―運がいい人になれる5つのステップ

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4478014183/ref=as_li_qf_sp_asin_tl?ie=UTF8&tag=isobookreview-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4478014183

ある場所でこの著者とかかわりがある人と知り合いになりました。
前著も読んでいたのですが、新刊が出ていたし
やっぱり気になる「運」の話なので読んでみました。

運の管理学 人生に「結果」をもたらす幸せの方程式 (講談社BIZ)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4062821257/ref=as_li_qf_sp_asin_tl?ie=UTF8&tag=isobookreview-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4062821257

ここに書かれていることのいくつかをうちのスタッフに
聞いてみると・・・・イタタタタ。全く運に見放される人
の条件。

なるほど。

書かれている内容はシンプルである意味成功するための
原理原則を再度学び直す感じだなと思いました。

同時にやりきれていないところもあり、再度やらねばと言う
スイッチが入りました。

こういう本との出会いも運だなと感じます。
私自身何回か浮かれポンチになり、盲目的な経営をした
過去があります。
今も微妙に浮かれポンチになっているところが無きにしも非ず。

苦しかった時の気持ちを忘れず運を維持できる行動を
していきたいと思いました。

よし!やるだけ!
私の師匠の一人であり起業当時の恩人の

コミュニケーション研究所の竹林さん
http://www.com-lab.org/

と昨日もお会いしておりました。
竹林さんの本の

顧客を動かす!インタビュー式営業術
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4883376303/ref=as_li_qf_sp_asin_tl?ie=UTF8&tag=isobookreview-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4883376303

は営業をする際には売り込みじゃなく聞き込みをする。
そのためには事前準備をすることと聞きこむためのテクニック
が必要とのこと。

それによって商談の質(時間と濃度)が上がり受注率が上がる

ざくっと言うとこういうことなんじゃないかなと。

この本は営業の方法としてインタビューについて書かれていますが
これって営業の時だけのノウハウにするのってもったいないな
と思っています。

弊社のように定期的にお客様に訪問する会社は
お客様のことを知ることが非常に重要。
そして信頼を築く。

そのために聞き込みって有効だろうなと思っています。
ということで私も竹林さんに聞き込みしているというわけです。

どうしても弊社側の人間もしゃべりたいことが多いかもしれない。
だけど賞味な話、人は自分が話題の中心であってほしい。
そのためには相手の話題で話を展開することが基本。

お客様と信頼関係を築くために
お客様と長くお付き合いすることができるように
そしてより多くお役にたてるように

お客様をインタビューしてほしい。
よし!やるだけ!
久しぶりに早く帰り、私が本を読んでいると
上の息子が

「お勉強する」

とひらがなの練習帳を持ってきて隣で練習を始めた。
先日も突然

「1+2=3。5+5=10」

と口走っていたので、ああ足し算を習ったんだと思い
いくつか問題を出してあげると喜んで考えて答えている。

勉強はしなければならない

私の中にある記憶はどちらかというとそういうもので
楽しかったかと言われるとあまりそういう印象はない。

しかし、今うちの息子にとっては楽しい行為の一つでしかない。

勉強、新しいことを学んだり、考えたりする行為は本来楽しい
ことなのかもしれない。
仕事も一緒で、本来はプロセスも楽しめたり成果にやりがいを
感じるものなのかもしれない。

これらの行為はいつから苦行になるんだろうかとふと思った。
昨日は委ねたい旨を書いたが
良く考えるとうちのサービスは
お客様に委ねて頂くサービス。

委ねるだけでなく、ある分野で
委ねて頂けるようになることが
大事。

委ねてもらうためにはどうしたら
よいんだろうか?

最低限だと
・技術、スキルがあることを見せることができる

さらに
・安心感を与えられる
  └人物的に信頼できる
     └見た目とか
  └会社も信頼できる
     └実績、規模

さらに
・一緒に楽しい気持ちでいられる
・お客様の話を聞くことができる
・お客様の仕事に興味を持ち、自分だったら
 どうするかを常に考えられる

さらに
・経営についても考えられる
  └お客様の獲得をどうやったらできるか
   何らかの話ができる
  └人材系の話ができる
  └成功企業の話ができる
  └経営に関する抽象概念を短いフレーズで伝えられる

これがこのままうちのメンバーが身につけるスキル
なのかもしれない。
委ねて頂けるお客様をがんばって増やしたい。

委ねた先に残るもの

| コメント(0) | トラックバック(0)
社内でも社外でも委ねることが多くなってきた。
意識して委ねようと思うようになってきた。
家庭は奥さんに委ねている部分が大きい。
マーケティングや社内の細かな実装は古江さん
に委ねてることが多い。

現場は前田さんをはじめ、コンサルチームに委ねるお客様が
徐々に膨らんできている。
コンサルのバックオフィスも委ねようという試みをはかっている。
ウェブは委ねようと思いながらままならない。
スーツスタイルは、Kさんに委ねている。
プライベートの服は弟に委ねたい。

どんどんん委ねていくとやることが絞られてくる。
そして委ねられないところが私の役割だ。

まだまだ委ねられる。
どこまで委ねられるかどんどん委ねてみたい。

何が残るだろう。
楽しみかも。

よし!やるだけ!
最近お気に入りのサービスにシュガーシンクがあります。

シュガーシンク
https://www.sugarsync.com/referral?rf=b2hdxbm352gtp

一度設定をすると特定のディレクトリーのファイルを自動で同期してくれる。
しかも5G。
しかも

シュガーシンク
https://www.sugarsync.com/referral?rf=b2hdxbm352gtp

から申し込まれると0.5Gずつ増えちゃう<(_ _)>。

ノートPCのバックアップに関してずーっと課題に感じていました。
それを解決すべく、2テラのNAS対応のHDDを購入、設定し使用し
ようとしたんですが・・・・、使い勝手が悪い。

外からフォルダによるアップロードができない・・・・

2テラのHDDは4万弱。
シュガーシンクは5G無料。

しかも
https://www.sugarsync.com/referral?rf=b2hdxbm352gtp

から申し込まれると最大10Gまで無料容量が増える!<(_ _)>

4万円は痛いが無料の5Gの方が使い勝手が良い。
有料よりも無料の方がサービス面で選ばれてしまう
恐ろしい世界。

ビジネスモデル的にはシュガーシンクやドロップボックス
とかの方が発展性はあるだろうなと感じますし好きです。

本当に恐ろしい世界。
ビジネスモデルの参考にします。

日々の気づきを毎日書き始めてそろそろ1年。
毎日ネタに困るし、昼くらいからはネタ探しに頭が走る。
そして今日も走っていたんだがふと気がつく。

私は毎日書くことに悩んでいるけど
主婦は毎日献立に悩んでいる。
それも三食。
予算も考え、栄養も考え、彩りを考え
そして自分だけじゃなく食べる人も考え
そして考えるだけでなく作って、出して
そして片づける。×3回/日。
エンドレスに。

いやあ、ぜったい献立の方が大変でしょう。

世の中の主婦をリスペクト。

ということは、料理のレシピ本があるように
ブログのネタ本とかあっても良いかも。

公園から息子と自転車で買える帰り道に
ほとんど見分けられない自転車屋さん。
そこのお店のガラスには次のような文言があった。

「自転車は専門店でお買い求めください」

いや、買えないから。この文言だけじゃ。
感覚的にはわかるけど、感覚だけで自転車を
専門店で買うほど消費者も鈍くない。

まずもう少し買う理由を伝えようよ。
専門店で買うとどんな良いことがあるの?
それは専門店以外で買う値段よりも高い
理由づけになるの?

それから専門店らしくしよう。
家の一階をちょっとだけ改造したお店を
専門店だというのも無理がある。

建物を変えるのは無理としても
もう少し見せ方があるんじゃないかな。

このコピー、つまり自転車は専門店で買われなくなった
ということを言っているんだろう。

自転車産業が斜陽でも自転車を買う人がいないわけじゃない。
家の近くに自転車屋さんがあるのは大歓迎だ。
ぜひ買いたくなる専門店になってほしい。
仕事を2倍のスピードをやるための方法は1つじゃない。
昨日のと合わせると4倍になるかも。
合わせ技も可能。

今日の2倍技は、半分だけやって報告する。

全部やらないと報告してはいけないと勝手に思い込んでいる
ことって多いです。
でもそんなことない。
途中で報告された方が良い時がある。
途中で報告された方が良い時の方が多い。

今やっている仕事を今止めて今のところまでで報告する。
指揮命令者とのずれも少ないからその後の修正も早くなる。

すぐに報告して仕事スピードを2倍にしよう。
同じ人間、同じくらいの技術的なスキルでも仕事のスピードが
2倍以上違う時があります。

それはなぜか?

仕事のスピードを司ることの一つとして、

「作業への落とし込み」

ができているかどうかがあります。
当然作業に落とし込まれている方が、淡々とできるので
スピードが速くなります。

仕事が遅い人は、早くやろうとして早く仕事に取り掛かりますが
実は順番が逆で、仕事のスピードは取りかかる前の準備で決ま
っていることに気がついていません。

仕事のスピードを今以上に早くしようと思ったら

まずは
1)しっかり作業に落とし込む。今の2倍細かくしてみる。
2)それからそれらの作業のかかる時間をしっかり見積もる。
3)その後取りかかる

です。
仕事のスピードを上げたい人は、事前の段取りに注意です。
誰からも「気がきく」と言われる45の習慣
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4844371118/ref=as_li_qf_sp_asin_tl?ie=UTF8&tag=isobookreview-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4844371118


を読みました。
正直「気がきく」とかあまり興味がないな
と思いながら、読みましたが、予想外!

これはもしかしてうちのバイブルか!

という良い本でした。

弊社が提供している運用代行と言うサービス
ではISOやPマークの専門知識も大事なんですが
基本的にはお客様と長くお付き合いするサービス
です。

このサービスの肝は
どれだけお客様のことを知り、お客様の手間やストレスを把握し、
それを取り払いながら意思決定はしっかりお聞きし、その意思
決定に合うように運用すること。

これを実現するためにはまずはISOやPマークの事
をお客様と話をするのではなくお客様の仕事の事や
お客様が関心があることに気持ちを集中する必要が
ある。

そう、これって秘書だなと。

同時に全てのビジネスマンはこの感覚がいると思う。
社内で仕事をしている人は仕事の指示を出す人がどん
なことに関心があり、今はどんな気持ちで、どうしてほしいのか。
タイミングはどんな時が良いのか?

自分に焦点を当てるのではなく相手に焦点を当て
「contribute:貢献する」ことに意識を持っていく。

あなたは相手にどう貢献できますか?
何をどうすれば貢献できますか?
相手は何に関心があり、どうしてほしいと持っていると思いますか?

まずは仕事の手を止めて、これを考える時間を作ろう。
この出発点が間違っていたら基本的にやっていることは
間違っちゃうんだから。

よし!やるだけ!

p.s.
興味がない本でも売れてる本はやっぱり読んでみるべきだ

そう思う時があるだろう。
私も多々ある。
ある勉強会に参加していても

「ああ、かわいがられてるな」
「期待されてるな」
「役割が決まっていて良いなー」

と思う時がある。
日常の仕事でも

「なんであいつは人気があるんだろう」
「僕から見たら全然なのに・・・・」

と思うこともあるかもしれない。

納得いかない、不公平だ、ひいきされている。
残念ながら世の中はそんな世界だ。

例えば家族は家族以外の人よりもひいきされる。
ひいきされなければ逆に厳しくされるかもしれないが
それ自体特別視されていることになる。

夫婦は基本的にパートナーとそれ以外の人を
不公平に扱う。

人とは人を不公平に扱うものだ。
人には相互に感情があり、タイミングがある。

かわいがられているつもりが、嫌われていると
思ってしまうかもしれないし、その逆もあるだろう。

そんな世の中でどう生きていくか?

まずは不公平を受け入れるしかない。
そして自分の役割を考え、そこを磨く。

自分はどう役にたてるだろうか?
自分はどこに役割があるだろうか?
どんな役割を期待されているんだろうか?
なぜ彼は役割が明確に割り当てられているんだろうか?

羨むのではなく分析する。

よし!やってみよう!

心を整える

| コメント(0) | トラックバック(0)
エリエスの土井さんに卒プレの感想のコメントを頂いたときに
土井さん:「長谷部の本で・・・・」

と言われ

山口  :「長谷部の本?」

土井さん:「え?マーケットレポート届いてない?あ、読んでないんだ
       だめだなあ」

山口   :「はい、、、すいません。」

またやってしまった。関谷さんの時も失敗したのに。
金曜日、17時過ぎに会社に久しぶりに行き、届いているのは
確認しました。あ、届いてると確かに思いました。
そして卒プレのプレゼン準備をしなきゃと思い
見るのを後回しにしておりました。

こういう大事な所を落とすのが私のセンスのないところだな
とつくづく思います。

ただここでめげては過去の自分。
マーケットレポートとサッカー選手である長谷部の本こと

心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4344019628/ref=as_li_qf_sp_asin_tl?ie=UTF8&tag=isobookreview-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4344019628

さらに長谷部が一押しと言う

「心の掃除」の上手い人下手な人 (集英社文庫 (さ28-6))
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4087462692/ref=as_li_tf_tl?ie=UTF8&tag=isobookreview-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4087462692

を購入。

マーケットレポートと長谷部の本を新幹線で読みました。
まさに等身大の長谷部選手を感じることができる一冊。

そしてプロとして流されない自分をどう作るか

言葉もすごく丁寧に使われており、27歳にして読書家
であることを感じました。

前半の心の整え方の部分はこれから実践するのに役立ちます。
後半はどちらかというと振り返り方かもしれません。
自分に起きていることをどう捉えていくか。

時代が書かせた本で時代で売れる本でしかも長谷部選手。

ある編集者の方にもプロフィールの深掘りをちょうど言われたところ。
多くの人に聞きながらも自分自身で深堀もするよい
本に出会えたなと思いました。

1日で自分を振り返る時間を作ります。

よし!やるだけ!
ある出版社の方がおっしゃっていた言葉が印象的でした。
それはビジネスマンとサラリーマンの違い。

ビジネスマンは仕事を自ら見つけ行動する。
サラリーマンは与えられた仕事をする。

そんな感じだったと思います。
特に色はついていないのであえて言うと
しばらくはサラリーマンをしっかりやりながら
徐々にビジネスマンになって行くのが良いん
だろうと思います。

スキルがないのに自ら考えた仕事をされると
正直邪魔だったりします。

これまでの行けていない判断基準や仕事のやり方
を持ち込むなということです。

そういう意味ではホワイトカラーがどこの会社でも
通用するポータブルスキルは限られてきます。

その中で必須になるのがPCスキルでしょう。
最低限タイピングスキル、OFFICE系のソフト
メールのリテラシー、検索能力は高めてほしいです。

よし!やるだけ!
今日は6か月間通っていた勉強会の卒業プレゼンテーション。
6カ月は長いようであっという間。
なんとなく見えたようなまだまだなような。

とにもかくにも今日が最後だった。
その中で数人の人は感極まり泣いていた。

泣く。

ずいぶん忘れている感覚かもしれない。
最近泣いたのはいつだったか?

思い出せない。

それだけ感受性が鈍くなっていたり張り詰める
ことがない状況になっているんだろうなと思う。

感化されて泣く

これも動物的なことだなと思います。

最近泣いたのはいつですか?

リターンアニマル

| コメント(0) | トラックバック(0)
人間である前に人は動物である。
動物的な人が成功している話を先日少し書いた。
どうやったら動物に戻れるか?
少し考え、一つ思いついた。

それは字を書くこと。

パソコンでの文章作成が普通になっている中で
ノートに字を書く。

できれば気分が良くなるノートと書き口が心地よい
ペンを使うべきだ。

銃を捨ててペンを持て

とかあったかもしれないが今は

パソコンを捨てろ!ペンを持て!

かもね。

よし!やるだけ!

動物ですか?

| コメント(0) | トラックバック(0)
「違うなー」
「ぷりっとさせて・・・・」
「重厚感が・・・」

先日ビジネススタイリングをお願いしているKさん
に新しいスーツのネクタイを一緒に見て頂きました。

Kさんは値段を見ずに手触り、光沢、結んだ感じ、
雰囲気からどんどん選んでいきます。

いくらになるかもわかりませんが、そこは
まな板の鯉。

そう来たか―と思いながらも、なぜそう選
んでいるのかはしっかり共有はできないです。

一つだけ言えることは彼はその道のプロで
絶対私よりもその世界の感性が優れている
ということ。

動物的!

ビジネスの世界で「感性」「感じること」を
重視されている話って本当にないと思うんです
が、成功している人にあうと本当に感性的だな
と思うし、稼ぐことへの嗅覚がすごいな
と思います。

ビジネスで成功したりプロフェッショナルになるため
には絶対感性、嗅覚って大事だけどそれを磨ける
方法や磨きなさいと言うものとかって本当にないな
と思います。

特に時代を読みにくい時ほどこれらの動物的感性って
必要でしょう。

五感+第六感、どうやって磨かれてますか?

悪魔が必要

| コメント(0) | トラックバック(0)
銀座に降り立つとその暗さに驚愕。
節電の影響でネオンの街もすっかり意気消沈。

徐々に景気は戻ってきているものの
まだまだ地震の前には戻らない。

先の見えない時代には悪魔が必要。
悪魔とは

・理解しがたい行動
・冷酷な意思決定

神の行動はもしかしたら人間の想定ないかもしれない。
誰でもこうあったらよいを実現する存在。
悪魔はその逆。
しかし実際はどっちが良いのかわからない。
それは時代が決める。
大事なことは未来を見据えた人が
独裁的に意思決定し今のスピード感を変えること。
悪くなるスピード、良くなるスピード。
早く悪くなれば、それに気づく。
早く良くなれば、それに気づく。

悪魔よ、出でよ。
そして

・理解しがたい行動
・冷酷な意思決定

で世界を導け。
もし現れないならば我が悪魔となりそれをやる。

よし!やるだけ!

そこは商品開発の宝箱

| コメント(0) | トラックバック(0)
競争の激しい業界は沢山のヒントがある。
身近にヒントを得やすいのが東京のラーメン屋さんだろう。

今日は東京メンバーと古江さんと渋谷オフィスの近くの
すずらん
http://r.tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13002110/

でラ?メンを食べた。
しのぎを削ったお店の象徴かもしれない。
うまさや評判は食べログに任せるとして

つけ麺という流行りを取り入れながら
麺の迫力は日本でもトップクラスだろう。
つけ汁は流行りの魚介系ではなく味噌つけ汁。
チャーシューではなく角煮。

流行りの要素を取り入れながら独自要素をだす。

ラーメン好きは要素分解してとらえる癖がある。
上記でも少し紹介したが



スープ

これらを自社の商品のメタファーとして取り入れられるかどうか
が鍵。

システム業界で考えてみようか

麺とは、技術者である。システム業界において技術者の技術が
システムの出来上がりやプロジェクトの成否を分ける。
ラーメン業界のように、麺を太くするとは、技術の幅を広げること。
ちぢれ麺とは業界の経験を吸収する素養があるかどうか

スープとは業界、業務の知識。良い技術者なら業界や業務経験
がなくても乗り越えられるが、経験がある業界の方が良いだろう。
お店で複数のスープ(醤油、味噌、塩)があるときに、どのお店も
メインとなるスープを持っている。業界も得意な業界、得意な業務
を持っていると技術者がより引き立つ。

具は道具や環境。技術者心をくすぐるトライ&エラーが許される
環境や様々なトッピングを試せるハード、通信、ソフトの環境。
それらが相まってお客様に提供できるようになるオプションサービス
が出来上がってくるかもしれない。

ドンブリは会社だろう。つけ麺は二つの器を使っている。
会社を二つに分けるメリットはないだろうか。開発は花形
メンテナンスは金のなる木。花形は楽しいがギャンブル性もあり
儲からない時もある。金のなる木は安定感があるが面白さはない。
ただし経験の浅い人間も徐々に経験を積むことができる環境でも
ある。

ラーメンを食べながらぜひラーメン屋さんを分解し自社では
どんな要素と一緒なのか考えてみてはいかがだろうか

行けてない象徴は何?

| コメント(0) | トラックバック(0)
今日うちに入社したA君がたばこを辞めました?辞めました。
タバコは良い・悪いじゃなく、好き・嫌いじゃない。
タバコがこれまで選択してきた行けていないものの象徴だか
らです。

500円弱のタバコ。

彼はまじめなため私に嘘がつけません。
私  「たばこどうする?」
彼  「ちょっと考えて・・・」
私  「いや考えてとかないから」
彼  「・・・・」ニヤ

ここで私に満面の笑みで辞めますと完全なウソをつくか
本当に辞めるかできれば素晴らしいんだけど、彼は迷って
しまった。
そこがきっと行けてなかったんでしょう。

私からは辞めることは促しても最後の決断はしません。
人に辞めさせられても結局それはやらされただけ。
行けていない自分は変わりません。
自分が辞めるということが大事。

30分くらいしたでしょうか。
正確にはいろいろと外の人とも話をしながら
どれだけ今までの自分がいけていないのか
をわかってもらう時間だったかもしれません。

そして最後は辞めました。

私にとっても行けていない象徴が多々あります。
その一つはスーツだったと思います。
服は好きなので、生地、裏地、ボタン、襟、スタイル
全部自分で決めていました。

しかしこれがいけてなかった。
なぜなら私は服のプロじゃない。
なのに通を気取ってつくっているつもりで行けていない
スーツを着ていたんだと思います。

今は一切自分の概念を捨て、お任せです。
値段、生地、裏地、スタイル、ボタン、色なにも選ばず
合うものを考えてもらうようにしました。

それを切るようになって一番驚いたのは私です。
周りの評判が格段に違うのです。
今まで触れられることがなかったスーツの話、バックの
話がどしどし来るんです。

ああ、そうかこれまで行けてなかったんだなーと痛感します。
行けていない自分を認識しそれを辞めていく。

いくつ辞められるかが私にとって目指す自分になる鍵かもしれません。

行けてない象徴は何ですか?

声を出す前に金を出せ

| コメント(0) | トラックバック(0)
うちのマンションは数百世帯がある比較的大型のマンション。
マンションの前には順番に選挙カーが押し寄せる。

「良いものは残し・・・・」
「本当に区がなくなってよいのか」
「都構想」

様々な演説が聞こえてくる。
小さい子供がいる私にとっては雑音でしかなく、しかも
立候補者の生い立ちとか、外の候補の悪口とかはっき
り言って興味がない。

私が興味があるのは義理人情やうるさい声じゃなく「金」
だ。

極端かな。
もうちょっと正確に言うと
合理的なメリットをわかりやすく説明しようよということ。
「なんぼ儲かるの?」
「どんな良いことがあるの?」

「東京一極集中は今回の地震で危険だということが明
らかになりました。大阪都構想で首都機能を大阪に持っ
てきます。」

と言われても、総論としてはわかるけどそれで票を入れろ
と言われても無理でしょう。
それはまだプロセスでしかない。

いや通じるところもあると思うよ。
でも庶民にはこの言葉じゃない。

そうそう、ちょうど今日テレビの池上彰の番組でアメリカの政治家
の講演についてやっていた。

ある場所では「神を信じてる」と言い、池上彰の前では
「神を信じてきた過去の政治家を信じてる」と言う。

アメリカでは神を信じているかどうかで選挙の成否を分けるエリア
があるからだ。

加治隆介の義というマンガがあり総論を歌って政治家になる
と言うのがあったがそんなことはあり得ない。

なぜなら自分との関係性が希薄すぎるからだ。

総論をどうやって庶民と関係性を持たせて伝えられるか?
それが大事じゃないだろうか。例えば先ほどの大阪都構想
であれば

「大阪に首都機能ができると、そのための建物が必要であり
雇用が創出され、人の出入りがこれまで以上に活発化されます。
経済とは人の多さに比例します。豊かな大阪にするために
安全な日本のために大阪都構想を実現する必要があるんです」

と言えば少しは響くだろう。
どんなに素晴らしいことでも伝えるスキルが低ければ
伝わらない。

伝えたいことがある人は伝える技術を持たないことが罪になる。
私も伝えたいことを伝えられるように伝える技術を磨きたい。

よし!やるだけ!
息子とスーパーで買い物をしていると
ジャポニカ学習帳シリーズが置いてあった。

大きな花の写真が載っているやつだ。

息子にひらがなを書く練習のためにどうかなと思い
ピラピラとみると息子も興味を示し

「やりたい」

というので

「1日1ページ練習できる?」

と聞くと、うなずいた。
どうかなと思いながらもやりたい気持ちは尊重したい。
ということで買って帰宅。

さっそくひらがな練習に取り組む。
1ページ終わったところで先日買ったはんこで

「たいへんよくできました」

を押してあげた。

果たして続くかどうかはわからないが
やりたい気持ちはプライベートでもビジネスでも尊重
したい。

「やりたい」

と言える環境作りができたら良いなと思います。
よし!やるだけ!

どんな門出ですか?

| コメント(0) | トラックバック(0)
4月がスタート。
新年度の会社、学校など多いはず。

うちも新しい会社がスタート。といっても切り離しただけだけど。
そして新しいメンバーが2人。しかも東京。

私の意識は10年前から変わらなくても周りはすでにそう扱って
くれない。常に神輿の上に乗っている。乗らされている。
どうせ乗るなら楽しく乗ってやる。乗せられるもんなら乗せてみろ。

私自身は変わらなくても周りが変わることで自分が変わることが
求められる。

どう変わることが求められているかを察知しながら、それに流され
るだけでなく、どう変わると良いのか、楽しいのか(fun)、楽しいのか
(enjoy)考え、新しい自分をスタートさせたい。

fun=プロセスを楽しむ、enjoy=成果を出す

よし!やるだけ!
アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このアーカイブについて

このページには、2011年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年3月です。

次のアーカイブは2011年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ