半歩先が良い商品開発か?

| コメント(0) | トラックバック(0)
新商品開発で半歩先を行くとよいとあるが 本当だろうか?

私はそれは間違うもとになると考えている。
そもそもソリューション側は常に先に行っているものだ。
それについてきているお客様は、先に行くほど
減っていると思った方が良い。

なので新商品開発では半歩から一歩下がった方が良い。
それでお客様にとっては目新しいと感じることができ
さらにこれまで以上に多くのお客様とお取り引きをする
ことができる。

技術レベルを下げるということか?
まさにそう。
それでは仕事がつまらない?
つまりその仕事の仕方は面白いかどうかだけで
しかもそう思っているのはあなただけで
みんながそう思っていないことに気がつく
べきだ。

技術の先ではなくお客様の先まで戻ると良い商品が開発
できるかもしれない。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/139

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2011年3月26日 01:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「あなたは「コテコテしてる」よ、知ってた?」です。

次のブログ記事は「日本を支えるビジネスマンを見た」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ