商品化

| コメント(0) | トラックバック(0)
知人の悩みは、お客様と親密な話をできるスタッフが社内に
いないこととのこと。

お客様は、ある商品をどう売るか悩んでらっしゃる。だけど
まだ売りに行けていないしどう売ったらよいか考えている最中。

一見別の課題のようですが、両方とも「商品化」
をきっちり行えば結構解決する課題です。

例えば確かに親密な話はデリケートだし、非定型の話が多い。
しかし非定型のタイプ分けを行い、そもそも聞く必要がない
話は聞かないことにし(又は聞くけど提案したりとかしない)
話をすることを絞り込むことによって、できるようになる可能性
が格段に上がることでしょう。

商品の販売も売る物の明確化ができれば自分以外でも
売りやすくなることでしょう。最初は自分が売ってみて
売れるかどうかの検証は必要ですが、次のステップとしては
同じ商品を外の人でも売れるかどうかを確かめ、少しずつ
見せ方を工夫することによって誰でも売れるように近づいていく。

商品化ってほぼ戦略性にちかいと思うし、これのうまさによって
組織になるかならないかの境目があるんだろうなと感じました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/137

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2011年3月24日 01:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「悲しい選択肢からの学び」です。

次のブログ記事は「あなたは「コテコテしてる」よ、知ってた?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ