一段上の突き詰め方

| コメント(0) | トラックバック(0)
今日は株式会社オフィシャル主催の企画塾広島校に参加しました。
http://www.lp-official.co.jp/

代表の江上さんは

一生かかっても知り得ない 年収1億円思考
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4766784863/ref=as_li_tf_tl?ie=UTF8&tag=isobookreview-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4766784863

を出版され、3週間でなんと5万部!とのこと。
すごい!

講演では播磨屋林業の尾前社長
http://harimaya1953.jp/index.html

がお話してくださいました。
正直講演の内容は全くわかりませんでした。
この人は一体何を言ってるんだろうか?
なんか正直今の私の感性ではすいません、「つまらない」
と思ってしまっていました。

しかし、待て。

すごい人だと江上さんや周りの人がお連れになった人
私では測りえない何かがあるのかもしれない。

そう思い、懇親会では思ったことをお聞きすると
私から出た言葉は

「参りました。」

もうちょっとリアリティを持って言うと

「今日は女だったら抱かれてもよい」

と思えるくらい、自分の浅はかさに気づかされました。
ああ、私のこの浅はかな感性で判断しなくてよかった。
これが正直な感想です。

本当は内容を文章にできればよいのですが、今は正直
できる自信はないです。
私のレベルのわかる範囲の言葉で言うと2点だけ書かせて
頂きます。

1)織田信長はなぜ天皇制にこだわったのか?
2)じゃんけんで相手が先にチョキを出しているとき
  どうするか?どうすることが正しいか?

ということです。

答えを導くときに私も意図を考えている方だと思ってい
たのですがまだまだアプローチは短すぎであり、本当は
簡単にあきらめすぎていたり、勝手に答えだと思っていた
りしすぎていて、もっと長い年月をかけて考えなければならない
ことがあるのかもしれない。

そんな気持ちになった懇親会でした。

ますます広島に行かなければならなくなった気がします。

同時に今のレベルと違うレベルでの考えるベクトルを頂いたので
そこまで考えてみる癖づけができたらと思いました。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/131

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2011年3月18日 02:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「お客様にできる二つの事」です。

次のブログ記事は「聞くことは誰でもできることか?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ