虫けら!

| コメント(0) | トラックバック(0)
「ある本では20代は虫けらって書いてあるよ」

採用面接中に私が発した言葉です。
ある本とは

一生かかっても知り得ない 年収1億円思考
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4766784863?ie=UTF8&tag=isobookreview-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4766784863

面接者「私はそれは納得できません」
私   「じゃあ、できるビジネスマンってA君にとっては
     どんな感じなの?」
面接者「・・・・・・・」
私   「ないけど否定するって失礼だよね。」
私   「じゃあ、なぜ彼は虫けらって書いてるのかな?」
面接者「奮起させたいか、けなしたいかじゃないですか」
私   「本当にそうかな?」
面接者「会って言ってたらけなしたいんじゃないですか」
私   「なんでけなしたいの?」
面接者「優越感に浸りたいとか」
私   「優越感に浸るためにけなすの?」
面接者「そうじゃないですかね」
私   「虫けらって言葉には『色』が付いているよね。A君も
     ムカってきたように感情的にさせたりする要素がある
     よね。あえてその言葉を使う意味は本当にそんなくだ
     らないことなのかな?」
面接者「やるんじゃないですか」
私   「じゃあそんな反感買うことをやって彼はどんな得なこ
     とがあるの?」
面接者「・・・・・・ないと思います」
私   「年収1億の人がさ、そんな1円にもならないことやるかな?」
面接者「やるんじゃないですか」
私   「やらないよ。そんな1円にもならないこと。だけどその言葉
     を使う意味があるんだよ。」
面接者「なんですか?それは」
私   「それは僕がきいてることでしょ」

ああ、こういうところで読解力がいるんだなーと思いました。
言葉の通りにしか取れない。
自分の枠でしか考えられない。
相手の事を理解しようとしない。
相手に興味がない。

ブランド人や成功者からみるときっと私はこう見えていて
ああ、だめだめだなーこいつというかんじなんだろうなーということが
すごい良くわかりました。

先日

9割受かる勉強法
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4478012857?ie=UTF8&tag=isobookreview-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4478012857

という本を読みました。
そこでは短期的に成績が上がった事例について書かれていました。
何をしたかというと勉強を今の自分のレベルに合わせてやり直す
事をやったようです。

自分のレベルにあって無い参考書をやっても伸びない。
大学の過去問をやっても伸びない。
現状のレベルの把握し中学生レベルだったらそこまで戻り
そこからやり直すということをやるようです。

私の解釈ですが「虫けら」は現状把握。
今は「虫けら」ということを認識する。
で「虫けら」ということに悔しさを感じながらも
それに合ったレベルのビジネススキルを身につける。
それによって使える人材となっていく。

そういうことではないかと思いました。

今日来た面接者は良い体験を提供してくれました。
(落しましたけど)
私も一匹の虫けら。虫けらとしてがむしゃらに貪欲に
ただ食らいつくだけと気持ちを入れようと思いました。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/91

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2011年2月 4日 23:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「タイミング良く相談するには?」です。

次のブログ記事は「やりたいことを強力に進めるには」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ