吉野家とすき家は別の業界では?

| コメント(0) | トラックバック(0)
親から吉野家の株主優待チケットをもらいました。
どうしたのか聞くと

「知人から貰ったが長野(市)に吉野家がほとんどないからいらない」

とのこと。

そう話しながら、昨年もランチで利用したすき家に
行くことになりました。

吉野家、基本的カウンターのみの店舗
でメニューも牛丼を中心。

すき家、カウンターのみのお店はほとんどなく
テーブルがあり、子供用の椅子が置いてあります。
メニューも牛丼が中心ながらカレーが置いてあったり
子供向けのメニューが用意されていたりします。

最初は同じだったかもしれませんが、すでにターゲットは
異なっている。

吉野家は20代男性から50代くらいまでという感じで
女性はほとんど入ってこない。多分入るのに勇気がいる。

すき家、今日入ったお店ではファミリー多かったです。
さらに外国人もいました。
ターゲットは、男性を中心に置きながらファミリー、女性向けの
メニューもチラホラ。

吉野家とすき家はどちらも牛丼チェーンと言われていますが
私が見るとすでに別業態になっているなと感じます。

同じ業界だと思ってもすでにターゲットが異なれば
競合が変わります。

マーケットも異なることになりそうです。
同じ業界というくくりじゃなくターゲットやマーケット
も含めて見ていきたいですね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/64

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2011年1月 9日 23:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アノネ」です。

次のブログ記事は「息子と絵本を買いに行く」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ