環境を鍛える

| コメント(0) | トラックバック(0)
あれ?
何か違う。

帰宅し子供部屋と化しているリビングに入ると
レイアウトが変わっている。

あ!

これは私が提案したレイアウト。
もう実践している。

下の子がまだ1歳のため、いろいろと危ないので
リビングは子供用の柵で囲ってありました。
安全である半面、おもちゃや本が取り出しにくくな
っていました。

なんとか自分でおもちゃを出したり本を出したりす
る環境にできないかと考え、思いつき、奥さんに
それとなく伝えました。

それとなく伝えただけなのにやっちゃってる!
最近の奥さんは実践が早いです。

会社で余った方眼紙を持ち帰るとさっそく上の息子と
絵を描いたり、折り紙を張り付けたり。

これもしっかりリビングに張ってあります。

またこれは特異なことと思っていなかったのですが
リビングの一角にデスクトップパソコンが置いてあるため
子供たちがガシガシ触ります。
上の子はペイントブラシでお絵かきしたり、
ショートカットで作ってあるアンパンマンをYOUTUBEでみたり
自分のアップロードしてある動画を見たりできます。

そんな場所なので下の子も触り、おかげでUSBジャックは
一つ壊れてますし、マウスのUSBのくちもグニャッと曲がって
ます。

どんどん変わる子供部屋と化したリビング。
この部屋によって何が好きで何が嫌いかが決まるんだろう。

この部屋でどんな子になるか楽しみです。

p.s.
帰宅するとどんなに昼間散らかっていても全部きれいに納
めてくれています。帰宅したら気持ち良いです。
あったらリアルで「いいね」ボタンを押したい気分です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/82

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2011年1月27日 00:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「メールの受信箱、どうなってますか?」です。

次のブログ記事は「NARUTOvs一歩vsシンvs孫悟空」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ