自ら予防接種を受けた人は仕事ができる!

| コメント(0) | トラックバック(0)
インフルエンザ、流行り始めているようですね。
予防接種は受けましたか?

私は奥さんからのお達しで年末に大嫌いな予防接種を
受けてきました。

会社で実施されていれば別ですが自ら予防接種を受ける
って私も含め実施できない人が多いのではないでしょうか?

インフルエンザにかかったわけじゃないし
かかるかもわからないし
受けたからと言ってかからないとは言えないし。

しかし、予防接種を受けられる人は仕事ができる人
と言われたらどうですか?

なぜ予防接種を受けられる人は仕事ができる人といえるのか?

それは予防接種は「緊急じゃないけど重要なこと」
(7つの習慣の第2)

7つの習慣
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4906638015?ie=UTF8&tag=isobookreview-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4906638015

だからです。
ついつい人は緊急で重要な目の前の事にリソースを
割いてしまうものだからです。

逆に言うと自ら進んで予防接種を受けられる人は

「緊急じゃないけど重要なこと」

にリソースを割けているということ。
ということは仕事上でも思考の中にこの発想があり

「緊急じゃないけど重要なこと」

に時間を割り振ることができている可能性が高いです。
結果として

仕事のスキルアップがなされて、仕事の成果も出せて
いる可能性が高いのです。

7つの習慣では

「緊急じゃないけど重要なこと」

は私どもの業界では

「予防処置」

と言います。
製造業とか建設業とかですと

KY活動。
(空気読めないじゃないです。危険予知活動)

企業活動でも同様のことが言えます。

「緊急じゃないけど重要なこと」=予防処置

にリソースを割り振ることができている会社は
長期的に強くなり、存続し、利益を出せるようになります。

「緊急じゃないけど重要なこと」=予防処置に
多くのリソースを割く必要があるわけではありません。
優先順位を上げることができるかどうかが大事です。

1年前に会った事件は?
リーマンショックと同じ大不況は二度と来ない?
先月失敗した仕事は?
上司に怒られたことは?
お客様を怒らせてしまったことは?

多くのリソースを割く必要があるわけではありません。
優先順位を上げることができるかどうかが大事です。

今日1分間勉強法という本を読みましたが

本当に頭がよくなる1分間勉強法
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4806131067?ie=UTF8&tag=isobookreview-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4806131067

1分間予防処置運動(本と意味合いは違いますが)

とか面白いかもしれないですね。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/76

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2011年1月20日 23:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「雑穀、野菜たっぷり、梅おろし、黒酢」です。

次のブログ記事は「テレビを見るなのウソ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ