雑穀、野菜たっぷり、梅おろし、黒酢

| コメント(0) | トラックバック(0)
この言葉を見てどんなイメージをしますか?
私は間違いなく

健康

をイメージします。
あるお店のメニューにある言葉です。
どこでしょうか?

大戸屋

です。

大戸屋、関東の人にはなじみがある定食屋さん。
特徴は2階への出店。
通常食堂は1階で立地が良いところを選ぶのが
常套手段と言われている中で2階に出店することで
出店料を抑え、食事の値段を抑え、人気になっている
お店です。

胃腸が今軟投派投手になっているのでどこかで消化が
良いものをあったかく食べたいなと思っていたら
大戸屋に雑炊がありました。
10年ぶりくらいの大戸屋です。

本当にここを登ったところに大戸屋があるの?
と思われる、薬局の中にあるくらいの階段を上り
2階に着くと、びっくりです。

40席弱がほぼ満席。

とりあえず注文して座席へ。
お客さんは若い女性からカップルから
年配の人、外国人と様々です。

なぜこれほど大戸屋が入っているのか?
その要因の一つは最初に出てきたメニューに使われ
ている言葉にあるのではないでしょうか。

私のように胃腸が軟投派投手でなくても気になるのが
健康です。

・外食が多い人
・家事はさぼりたいけどどうせなら健康に
 良さそうなものを食べさせたいと思う親。
・いつもはジャンクだけどたまには栄養と
 健康に気を使った食事をできるだけ安く食べたい学生。
・栄養の偏りも気になるメタボ予備軍のおじさん。
・健康には気を使いながらがっつり食べたい体育会系。

思わずそんな人たちが健康をマネジメントするために
利用したくなるメニュー名になっているんです。

マネジメントと言うと難しく感じるかもしれませんが
単純に
「そろそろやばいかも」
と思ったときに調整する。それがマネジメント。

うちの会社で使うマネジメントシステムという言葉も
一緒で、

「やばいんじゃないの?」

を調整するためのもの。
つまり誰もが日常的に直感的にやっていることを
仕組みにして漏れなくできるようにしているだけのこと
なんです。

人も一つのマネジメントシステムでありそれを自然でできちゃう。
実はそれ自体すごいことだったりするわけです。

そう考えてマネジメントシステムと付き合ってもらったら
ちょっと身近でしょうか?

大戸屋を見て

「あ、そろそろ健康にも気をつけないとなー」

と思ったらみなさんのマネジメントシステムが起動したと
思ってください。

起動しないとどうなるか?
メタボ一直線!さよーならー!

皆さんのマネジメントシステムはその他

そろそろ休まないと
とか
運動した方が良いかな
とか
このままもさすがにまずいかも
とか
本気出すか
とか
いろいろありますよね。

まずは自分の直感を信じて自分のマネジメントシステムを
動かしながら、これってシステムなのねと感じたらよいと思います。

よし!感じるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/75

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2011年1月19日 23:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「軟投派ピッチャーに転向」です。

次のブログ記事は「自ら予防接種を受けた人は仕事ができる!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ